薬の効果を最大限に発揮しよう

>

薬の飲み方を学ぶ

タイミングを知る

薬は朝起きた後や、食事まで、食事後に飲む決まりになっています。
病気になって薬を服用する場合は、タイミングをしっかり調べてください。
特に、食後に注意しなければいけません。
食事とかれている薬は、30分以内に飲めば大丈夫です。
食後すぐに飲まなければいけないと思っていた人が多いのではないでしょうか。
しかし30分いないならいつでも良いので、少しゆっくりできると思います。

強力な成分が含まれている薬の場合は、食後と記載されていることが多いです。
胃が空っぽの状態で服用すれば、胃にダメージを与えることが理由です。
きちんと服用するタイミングが指定されているのには、理由があります。
守らないと、薬の成分によって余計に身体が傷つきます。

水で薬を飲もう

薬は基本的に、水で飲む決まりになっています。
お茶やコーヒーで飲むと薬の成分が変化してしまう可能性があるので、身体に害を与えます。
水なら冷たくても温めても良いですが、あまりにも冷たい水では胃に刺激を与えます。
ぬるま湯で服用することをおすすめします。
強力な成分が含まれている薬は、普段よりも多めの水で飲んでください。

胃の中にたくさんの水を送ることで、粘膜を保護できます。
子供の中には、薬を飲むことが苦手だという人もいると思います。
ジュースなら簡単に飲めそうですが、効果を発揮できなくなるのでやめてください。
特にグレープフルーツジュースは、成分を変える能力を持っているので薬が毒になります。
必ず水で飲ませましょう。


TOPへ戻る